都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

【特集】たたら製鉄と月山富田城、島根県安来市

本放送が再開された「麒麟がくる」明智光秀にも仕え、
最後まで衰亡した主君・尼子氏の復興を目指した「山中鹿之助」。
尼子十勇士にして、天下五剣のひとつ「三日月宗近」を一時所持していたとされる山中氏が、
尼子家再興のために「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」と祈った逸話は有名ですよね。
その山中氏が生まれたのが、現在の島根県安来(やすぎ)市です!

写真は歴代出雲守護の居城であった「月山富田城(がっさんとだじょう)」の跡地。
山中氏の主君・尼子氏の居城で、「最も難攻不落の要塞城」「天空の城」と言われていました。
毛利軍との幾度にもわたる戦いのあと、降伏した主君に鹿之助は随従できず、
各大名を転々としながら、尼子氏の復興を目指すことになるのです。

安来市の天気<気象情報>

  11月 12月
最高気温 15℃ 10℃
最低気温 8℃ 4℃

鋼鉄の街として栄えた安来の「和鋼」

  • 和鋼博物館

    1993年に解説された「和鋼博物館」。日本刀にも利用された和鋼の精製を行う「たたら製鉄」の歴史や、匠の技を伝える施設です。たたら製鉄で精製される和鋼のうち、最高の品質を有する「玉鋼」。その精製技術を受け継いで開発された「安来鋼(やすきはがね)の歴史も学べます。日本刀好きなら必見の施設です!

    島根県安来市安来町

 

安来地域の地旅情報

月山富田城、和鋼博物館両方に行くなら、GoToトラベルキャンペーンを使ってお得に、入場料込みで利用できる地旅がオススメです!地域共通クーポン&昼食付き!

地旅ツアー情報

【GoToトラベル適用】
たたらの歴史と日本一の山城月山富田城を知る旅

総合博物館『和鋼博物館』で知るたたらの歴史と日本一の山城『月山富田城』の歴史を知る旅

日 程:2020/11/02~2020/11/22

実施日:11/2、11/7、11/9、11/15、11/22

お申し込みはこちら

趣ある日本庭園と圧倒的な日本の芸術!足立美術館

足立美術館

島根県安来市古川町

趣かわって、こちらは安来市内にある「足立美術館」。質量ともに日本一の横山大観作品、収蔵数130点のほか、近代日本画壇の巨匠たちや、魯山人などの陶芸、木彫なども収蔵されています。特徴はなんといっても、ミシュランガイド3つ星に輝いた広大な日本庭園。「枯山水庭」や「池庭」など、庭もまた絵画である、という創業者の心がいまも脈々と受け継がれている庭園をぜひ、ご観覧ください!

山そのまま境内!安来の清水寺(きよみずでら)

清水寺(安来市)

島根県安来市清水町

紅葉シーズン真っ只中のこちらは、安来市にある天台宗のお寺、「清水寺(きよみずでら)」。約5万坪もある境内には、尼子・毛利氏の戦火を免れた本堂や、毛利氏・松平氏により復興された伽藍、信徒により建立された三重塔があります。境内にある旅館では、事前に申し込みすればヘルシーな精進料理をいただける他、写経や座禅の体験もあります。厄除けでも有名とのことなので、安来方面に行かれる際はお参りしてみてください!

11月から出荷開始!安来は県内最大の「いちご」の産地

安来市のいちご

島根県で最大のいちごの産地でもある安来市。静岡生まれの「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ」の生産が有名で、土壌と気候条件が合うのか、甘みが詰まったいちごをいただくことができます!その秘密の一つが、「日照時間」と言われています。太平洋側で月約200時間ある日照時間が、松江付近では半分以下の約60時間。開花から色づくまで30日前後かかると言われているイチゴが、山陰地方では約50日間かかるそうです。じんわり甘さを蓄えて、熟す頃には極上の甘みになっているイチゴを、ぜひ体感してください!

安来への旅は、GoToキャンペーンを使って連泊や観光地めぐりがしやすくなった今が狙いどき!歴史に触れて、見て、癒されて、パワースポットでご利益も授かりたいところ。一大観光地とは一味違った、厳かな山陰の旅はいかがでしょうか。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、営業を休止したり、見学できなくなっている場所がある可能性がございます。お手数ですが詳細は各施設公式サイトや、都道府県の観光案内等をご確認ください。

興味を引かれたら検索!

島根エリアの地旅はこちら

  1. 島根エリアの地旅検索
関連ツアーを見る