都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

北海道観光ガイド

17世紀〜19世紀にかけて、東北地方から北海道、
北はサハリン(樺太)・千島列島に及ぶ広い範囲に先住したアイヌ民族。
独自の言語、文化を気づいたアイヌの人々の歴史に触れ、
工夫を凝らした暮らしぶりや、オシャレで機能的なアイヌの品々に触れる旅。

2020年7月にオープンしたばかりの「ウポポイ(民族共生象徴空間)」や
「二風谷コタン」をつなぐ路線もあり、アイヌの文化に触れるなら今がオススメ!

10〜11月にかけての北海道<気象情報>

10月中旬から、紅葉が始まる季節です。下旬に初雪が降る可能性があり、10℃前後の肌寒い日が続きます。11月に入るとほとんどの地域で平均気温が5℃以下となりますので、ダウンジャケットやコート、マフラー、ヒートテックなどの暖かいインナーを準備して万全に備えたい頃です。

  札幌 苫小牧
最高気温 8.5℃ 9℃
最低気温 1.3℃ -1℃

新千歳空港から行ける!アイヌの歴史と文化に触れるスポット

 

【要事前予約】ウポポイ(民族共生象徴空間)

ウポポイ

北海道白老郡白老町若草町

アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」という意味の「ウポポイ」。国立アイヌ民族博物館、国立民族共生公園、慰霊施設からなるアイヌの復興・創造・発展の拠点として位置づけられています。アイヌの歴史を学べる展示や、再現されたアイヌコタン(集落)、工房などが見学できるほか、園内の植生はアイヌ文化と関わりのある40種類以上の樹木や草花を見ることができ、アイヌ文化を五感で感じていただけるようになっています!

 

二風谷コタン・アイヌ文化博物館

二風谷コタン

北海道沙流郡平取町二風谷

道内で最もアイヌ人の比率が高いとされる「二風谷(にぶたに)」。元々はアイヌ語の地名「ニタニ(Niptani)」から来ています。近くに「平取町アイヌ工芸伝承館ウレパ」、宿泊設備もある温浴施設「びらとり温泉 ゆから」などもあり、アイヌ文化を見て、触れて、体験した後はゆったりお湯につかっても良いですね。

周辺は不思議な名前の川や地名がたくさんあるので、アイヌ語の意味を調べながら散策するのもオススメ。
地旅ツアーには、ウポポイと二風谷コタンを周る「セタプクサ号」(アイヌ語で「すずらん」の意味)が運行しています!札幌駅や新千歳空港に発着するので、続きで観光するにも便利です。ぜひご利用ください。

地旅ツアー情報

【GoToトラベル事業支援対象】
セタプクサ号で行く♪〜ウポポイ・二風谷コタン匠の道の旅〜

アイヌ文化に触れる旅〜「ウポポイ(民族共生象徴空間)」と「二風谷コタン」、さらに「平取町アイヌ工芸伝承館 ウレシパ」、「平取温泉ゆから」をアイヌ文化拠点交流促進バス「セタプクサ号」で巡る自由散策コース!札幌駅北口・新千歳空港(両方)発着です。

バス代ほか:4,300円(地域共通クーポン付)
※昼食(軽食)代、ウポポイ入場料を含みます。

日程:2020/10/01 ~2020/11/05

お申し込みはこちら

アイヌ文化拠点交流促進バス『セタプクサ号』A・B・C・Dコース

アイヌ文化に触れる旅〜「ウポポイ(民族共生象徴空間)」と「二風谷コタン」を、アイヌ文化拠点交流促進バス「セタプクサ号」で巡ります!
札幌駅北口または、新千歳空港発着で選べるコース内容になっています。

バス代・現地で使えるクーポン付き:3,000
※昼食代や各種入場料は含まれておりません。

日程:2020/10/01 ~2020/11/05

お申し込みはこちら

ちょっと足を伸ばして札幌まで

札幌の夜景

アイヌの文化に触れた後は、ぜひ少し足を伸ばして札幌まで!今の時期、空気が澄んで遠くまで見渡せるので、いつもより壮大な夜景が見られるかも?!夜景の鑑賞にオススメのスポットもご紹介します!

●藻岩山(ロープウェイあり)
 住所:札幌市中央区伏見5-3-7/22時まで営業
●旭山記念公園
 札幌市中央区界川4丁目/22時まで営業
●JRタワー展望室T38(入場料あり)
 札幌市中央区北5条西2-5/23時まで営業(最終入場22:30)

今の時期は秋鮭!筋子!イクラ!!

秋鮭

今の時期は、旬で脂の乗った「秋鮭」がオススメ!副産物として美味しい筋子やイクラが出回り始めます。旬ならではの、おおぶりの鮭や、濃厚ないくらをご賞味あれ。札幌中心部には、いくつかアイヌの伝統料理を食べられるお店もあるようなので、アイヌ文化を学んだ後はぜひ!

ウポポイは事前予約制ですが、入場制限があるので、密を避けて安心してゆっくり回れるのがいいですね。アイヌ文化に触れて、学んで、体験して、美味しい北海道の味覚でお腹を満たす。春夏秋冬、魅力たっぷりの北海道旅はいかがでしょうか。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、営業を休止したり、見学できなくなっている場所がある可能性がございます。お手数ですが詳細は各施設公式サイトや、都道府県の観光案内等をご確認ください。

興味を引かれたら検索!

北海道エリアの地旅はこちら

  1. 北海道エリアの地旅検索
関連ツアーを見る