都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

岐阜観光ガイド

今年の大河「麒麟がくる」で話題の明智光秀。
前半生が謎につつまれていることから、
出生や本能寺に至った理由についても、沢山議論されているようです。
そんな光秀の出身とされている「美濃国」=現在の岐阜県で、
日本史をひも解いていきましょう!

6月頃の岐阜県<気象情報>

  岐阜 高山
最高気温 28℃ 26℃
最低気温 19℃ 14℃

岐阜城

岐阜県岐阜市

一番最初の写真とこちらは、「岐阜城」。織田信長が、美濃の守護・斎藤龍興(さいとう たつおき/斎藤義龍の子で、道三の孫)か奪取した稲葉山城を破却して造営したお城でした。
急峻な金華山(きんかざん)の山頂にあり、難攻不落の名城として知られていますが、内部からの裏切りや、籠城にあたって兵力が少なかった等の理由で計5回落城しています。

関ヶ原合戦の頃に落城した際に、天守閣・櫓は加納城に移築後、焼失しました。現在の城は昭和31年に復興されたもので、展望台や史料展示室となっています。

光秀ゆかりの場所へ

  • 明智城

    明智城(別名:長山城)跡

    土岐明智氏出自の地で、明智光秀の出生地ではないかと言われています。※岐阜県恵那市にも「明知城(あけちじょう)/別名:白鷹城」があります。
    明智氏は斎藤道三・義龍親子の争いの際に道三側に与したため、斎藤義龍の攻撃を受け落城しました。

  • 天龍寺<

    天龍寺

    明智城跡の麓にあり、明智一族歴代の墓所がある寺院。明智氏とかかわりが深い寺院として、例年6月に「光秀供養祭」が行われています。
    ちなみにこちら、毎月最終金曜日(プレミアムフライデー)に「金の御朱印」を授かることができます。

  • 一夜城址

    一夜城址

    織田信長による美濃侵攻にあたって、信長の命令で木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が一夜にして築いたとされる「墨俣の一夜城(すのまたのいちやじょう)」。
    現在あるのは、城跡に城郭天守の体裁を整えた「墨俣一夜城歴史資料館」で、実際にあったものは、簡易建築と柵で構成された砦であったとされています。

合掌造りの集落「白川郷」

白川郷

岐阜県大野郡白川村

今も実生活の場として使われながらも世界遺産に登録された白川郷。
実はこちら、中世の山城「荻町城跡(おぎまちじょうあと)」が展望台になっており、眼下に広がる荻町合掌造りの集落が一望できます。

城めぐりの後には、絶品岐阜グルメ!

岐阜グルメ

写真左は、飛騨高山地方の郷土料理「朴葉味噌(ほおばみそ)」。自家製味噌にネギなどの薬味、椎茸、山菜等を乗せ、朴の葉に乗せて焼くご飯のお供です!お店によっては、ここに野菜やお肉を追加して、一品料理として提供されている場合もあるそうです。
写真右は「飛騨牛」。和牛の品評会においても最優秀枝肉賞を受賞するなど、ブランド和牛としてトップクラスの品質を誇ります。高山市内には飛騨牛のにぎりが食べられる有名店があり、人気です。

ほかにも鶏肉を漬け込んでキャベツなどの野菜と一緒に食べる「鶏(けい)ちゃん」、漬物を鉄板に乗せ、卵とじにして食べる「漬物ステーキ」、平打ち麺をしょうゆベースのスープでいただく高山ラーメン(そば)などなど、絶品料理がたくさん!外出自粛が落ち着いたら、ぜひ食べにいってみてください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、営業を休止したり、見学できなくなっている場所がある可能性がございます。お手数ですが詳細は各施設公式サイトや、都道府県の観光案内等をご確認ください。

興味を引かれたら検索!

岐阜エリアの地旅はこちら

  1. 岐阜エリアの地旅検索
関連ツアーを見る