都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

福島観光ガイド

満天の星空、一面のひまわり畑など
磐梯山(裏磐梯)周辺の福島エリアをご紹介します!
ちょうどGO TOトラベルがはじまっている頃。
感染症対策に気をつけて、福島の旅をお楽しみください。

9月頃の福島<気象情報>

初秋の福島は、夜間に冷え込む可能性を考えて、長袖のカーディガンまたはフリースなどのパッと羽織れるものがあると良いでしょう。

  若松 福島 小名浜
最高気温 26℃ 25℃ 25℃
最低気温 15℃ 17℃ 18℃

磐梯山周辺エリアは見所たくさん!

郡山布引 風の高原

郡山布引 風の高原

福島県郡山市湖南町赤津

猪苗代湖の南に位置する標高約1,000mの高原で、磐梯山や猪苗代湖が一望できる絶景エリア。高さ100m近くの風力発電の風車が33基立ち並んでいます。8月中旬〜9月上旬までヒマワリが咲き誇ります。

星の降る地、磐梯エリア

浄土平

福島市在庭坂字石方など

写真は磐梯・吾妻地域に属する「浄土平」。磐梯吾妻スカイラインの中間地点、標高約1,600mに位置しています。晴れた日の夜は、磐梯地域の夜空を見上げると白く輝く天の川をはじめとした満天の星空を楽しめます。

見逃せない!「五色沼湖沼群」

青沼

青沼:福島県耶麻郡北塩原村

2016年にミシュラン・グリーンガイド1つ星に認定された「五色沼」。毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの湖沼です。沼によって、エメラルドグリーンやコバルトブルー、ターコイズブルー、パステルブルーなど色が異なり、様々な色彩を見られる不思議な場所なので「五色沼(ごしきぬま)」と言われています。もっとも大きな「毘沙門沼」では、手漕ぎボートで散策もできます!四季や時間帯によっても色が異なって見えるそうなので、ぜひ色々なパターンを見てみたくなりますね。

ミソハギが満開!桧原湖

桧原湖のミソハギ

福島県耶麻郡北塩原村

裏磐梯最大の湖、桧原湖(ひばらこ)。お盆の時期から、場合によっては9月上旬までみられるミソハギが人気です。赤紫の花が湖と磐梯山を彩ります。一部キャンプ場のエリアがあるそうなので、現地を訪問の際はご確認ください。

ゆったり、国宝を見に行こう!

白水阿弥陀堂

  • 白水阿弥陀堂

    白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)

    福島県内唯一の国宝建造物。平安時代末期に建立されてから、歴代の為政者に保護されてきた由緒ある仏堂です。庭園は、近年になって《江戸時代には「蓮の御堂」と呼ばれていたらしい》との話から住職の手によって復活した古代ハスが池を彩っています。ハスは7月中旬〜8月にかけて一斉に咲き誇ります。

    福島県いわき市内郷白水町広畑

ぶらっと、飯坂温泉へ

飯坂温泉は、古くはヤマトタケル伝説に登場するという古湯で、「鯖湖(さばこ)の湯」と呼ばれていました。奥州3名湯の一つに数えられ、松尾芭蕉も立ち寄ったと言われる歴史ある温泉地です。福島市内から車で約20分。果樹園が立ち並ぶフルーツラインが近くにあるので、四季を通じて色々な果物も楽しめる飯坂温泉で、ぜひチェックしていただきたいポイントをご紹介します!

  • 中野不動尊

    中野不動尊

    「日本三大不動」の1つであり、六三除け(ろくさんよけ)の発祥の地と言われる「中野不動尊」。飯坂温泉から近く、「清らかな心で念じればどんな願いでも叶えられる」という最強厄除けスポットです!

    福島県福島市飯坂町中野堰坂

  • 高畑天満宮のうそ鳥

    身代わりのお守り「うそ鳥」

    梅の木を好んで飛来する鳥「鷽(うそ)」が、天神様の参拝者が蜂の大群に襲われていた際に、飛んできて蜂を食い尽くしてくれた、という故事にちなんでお守りになりました。前年に授かった木彫りのうそ鳥を新しいものと交換することで、前年の不幸をすべて「嘘」として払い、吉事に変えるという神事ですが、東北地方ではここだけと言われる高畑天満宮(西根神社)で祭りの期間しかゲットできない特別なお守りです。

    福島市飯坂町湯野高畑

地旅ツアー情報

【なかむらや旅館に泊まる】暮らすように旅する飯坂温泉2日間 (宿泊プラン)

江戸・明治時代の面影をそのままに、現代に息づく有形文化財のお宿、飯坂温泉「なかむらや旅館」の宿泊プランです。
お一人様でのご予約も承ります

日程:2020/03/01 ~2020/09/30

お申し込みはこちら

会津地方の名物「高遠(たかとお)そば」

旬の食材

2代将軍、徳川秀忠の四男であった保科正之公が、山形や会津、江戸など各地に広めたとされる蕎麦文化。「高遠そば」の「高遠(たかとお)」とは、正之が初めて藩主となった高遠藩=現在の長野県伊那市に由来しています。江戸時代には一般的だったとされる「辛味大根のおろし汁と焼き味噌で食べる」蕎麦の形が残っている地方もあります。

有名なところでは、江戸時代の宿場町の面影を残す南会津郡の集落「大内宿」にて、鰹節をかけた蕎麦を大根おろしをいれた出し汁につけて、箸代わりの長ネギ(!)で食べるという「高遠そば」もあるそうです。
福島の自然を見て、体験して、温泉で癒された後は、ご自分にあったお蕎麦の食べ方を探す旅はいかがでしょうか!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、営業を休止したり、見学できなくなっている場所がある可能性がございます。お手数ですが詳細は各施設公式サイトや、都道府県の観光案内等をご確認ください。

興味を引かれたら検索!

福島エリアの地旅はこちら

  1. 福島エリアの地旅検索
関連ツアーを見る