都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

【特集】秋田の紅葉めぐり旅

10月上旬頃から、少しずつ色づき始める秋田の山々。
雪が降り始める前に、紅葉狩りの旅!
エリア別に秋田のオススメ紅葉スポットをご紹介します!
きりたんぽに比内地鶏、ご当地焼きそばなどなど、
美味しいご飯をいただきながら、紅葉めぐりはいかがでしょうか。

10月頃の秋田県<気象情報>

  能代市(県北) 秋田市(県央) 横手市(県南)
最高気温 17℃ 19℃ 18℃
最低気温 9℃ 9℃ 13℃

エリア区分について

  • 秋田県区分

    秋田県内を下記のようにエリア分けして、エリア別にご紹介しています。

    ●県北(赤色)
    能代市、北秋田市、大館市、鹿角市、
    八峰町、藤里町、三種町、上小阿仁村、小坂町
    ●県央(黄色)
    男鹿市、潟上市、秋田市、由利本荘市、にかほ市、
    大潟村、八郎潟町、井川町、五城目町
    ●県南(水色)
    仙北市、大仙市、横手市、湯沢市
    美郷町、羽後町、東成瀬村

まずは、県北エリアから!

大湯沼(おおゆぬま)/後生掛自然研究路

大湯沼

秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林

岩手県と秋田県にまたがる八幡平(はちまんたい)山頂から少し西側にあるエリア、後生掛(ごしょうがけ)温泉の背後に広がる園地をめぐる自然観察路「後生掛自然研究路」。「後生掛」という地名の由来になった温泉の噴出口や、マッドポット(泥とともに熱水が湧き出す泉)がたくさん見られます。1周30分ほどのコースですが、こちらの途上にあるのが写真の「大湯沼」。周囲1キロほどですが、あちこちから盛んに水蒸気が上がっているエリアです。高台にあるので、周囲の紅葉を一望できるオススメスポットです!

角館(かくのだて)

角館

秋田県仙北市角館町

秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町だった角館。当時の武家屋敷が、そのままの形で保存されています。桜の名所としても有名ですが、秋はカエデ・イチョウが赤や黄色に色づき、特徴的な黒色の板塀に映えて幻想的な風景を生み出しています。

中ノ又渓谷 安の滝(やすのたき)

中ノ又渓谷 安の滝

秋田県北秋田市阿仁打当地区

全長約8キロ。奥阿仁の最深部を形成する渓谷「中ノ又渓谷」にある「安の滝」です。駐車場から林道を1.8キロほど歩くので、トレッキングの準備が必要で、地元のガイドさんの同行が推奨されています(登り60分、下り45分程度)。
安の滝は上段・下段の2段に分かれていて、上が落差60メートル、下が落差30メートル。白いすだれ状の滝の流れが周辺の紅葉に映える絶景スポット。ヤスと久太郎という男女の悲恋物語の舞台で、この滝に来ると恋が叶うと言われています。

県央エリア

千秋公園(せんしゅうこうえん)

玉前神社

秋田県秋田市千秋公園

久保田城の本丸・二の丸跡地に整備された公園。久保田城表門、久保田城御隅櫓の文字通り真っ赤な紅葉が壮観!
JR秋田駅から徒歩で散策でき、二の丸跡まで約15分ほどです。
(市内循環バスもあり、「千秋公園入口」下車だと徒歩5分程度。)

法体の滝(ほったいのたき)

釣ヶ崎海岸

秋田県由利本荘市法体園地

法体(ほったい、仏教用語で僧侶の姿になること。僧体。)である空海が地元の村を訪れた際に、不動明王が現れ、空海が滝に拝礼したことから名付けられたと言われている滝。駐車場から遊歩道を登って約5分と、気軽に行けるのも魅力です。
3つの滝で構成されていて、全体の落差は57.4メートル。滝に赤や黄色、緑が映えてとても美しい紅葉の名所。展望台があるほか、途中の吊り橋手前から、滝つぼからの眺めも見られます。

元滝伏流水(もとたきふくりゅうすい)

元滝伏流水

秋田県にかほ市象潟町関

鳥海山に染み込んだ水が80年かけて流れ落ちるという滝。駐車場から遊歩道で約10分ほど。1日に5万トン以上もの水が流れ落ち、元滝川へと流れていきます。年間を通して安定した水量が得られるため、周辺の生活用水や農業用水としても利用されています。落差5メートル、幅30メートルの小さな滝ですが、苔むした岩肌の合間を流れる水が、緑と白のコントラストを描き出しています。紅葉の時期は滝上から、イチョウの黄色が美しく映えます。

最後は県南エリア!

小安峡 大噴湯(おやすきょう・だいふんとう)

  • 小安峡大噴湯

    皆瀬川上流にある全長8キロの峡谷。栗駒国定公園に含まれます。観光地として遊歩道も整備されていて、余談ですが近くに稲庭うどんの本場「稲庭町」があるため、稲庭うどん提供店が多く存在します。

    小安峡の岩づたいに階段を降りると、熱湯と蒸気が噴出する「大噴湯」があります。蒸気や熱水がたまっている地熱貯留層の亀裂が露出しているという世界でも珍しい地形です。春は新緑、秋は紅葉、冬になると峡谷に下がる大きなつらら「しがっこ」を楽しめます。

    秋田県湯沢市皆瀬湯元

 

小安峡大噴湯

 

抱返り渓谷(だきがえりけいこく)

抱返し渓谷

秋田県にかほ市象潟町関

東北の「耶馬渓」と呼ばれる渓谷。両岸に広がる原生林と、岸壁にかかる滝や、独特の青い渓流が特徴です。遊歩道が整備されていて、大小の滝や奇岩、手掘りのトンネルなどを気軽に楽しめるのもポイント。
渓谷入り口にかかる「神の岩橋」と呼ばれる吊り橋からの眺めは必見!駐車場から最初の滝(回顧〈みかえり〉の滝)まで約1.5キロ、30分程度です。

秋田のご当地グルメ!

秋田のご当地グルメ!

秋田といえば「きりたんぽ鍋」!比内地鶏から取ったコクのある出しが染み込んで、椎茸や舞茸など旬のきのこ類も鍋の美味しさを引き立ててくれます。きりたんぽ鍋のルーツと言われる「だまこもち」を使った鍋や、秋田のご当地調味料「しょっつる」のお鍋など、美味しい鍋を提供するお店が沢山あるので、ぜひチェックしてみてください。

他にも、先述した「稲庭うどん」、ご当地B級グルメ「横手焼きそば」、「ホルモン焼きそば」、「しょっつる焼きそば」まで、麺料理も豊富!美しい紅葉を見て癒されて、美味しいご当地グルメで大満足♪
入念に感染症対策をして、秋田の旅をお楽しみください!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、営業を休止したり、見学できなくなっている場所がある可能性がございます。お手数ですが詳細は各施設公式サイトや、都道府県の観光案内等をご確認ください。

興味を引かれたら検索!

秋田エリアの地旅はこちら

  1. 秋田エリアの地旅検索
関連ツアーを見る