都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

ツーリズムEXPOジャパン2019 大阪・関西からの帰り道。
ちょっと立ち寄ってみませんか?

大阪城に通天閣。お好み焼きにたこ焼き。吉本新喜劇や上方落語。「観て」「食べて」「笑えて」…その他にも魅力がたっぷりつまった大阪は楽しい街です。そんな大阪から、少し足をのばすだけで、大阪とは違った雰囲気や、景色が楽しめるおすすめの場所をご紹介します。

大阪イメージ

【和歌山県】友ヶ島

友ヶ島の風景

「友ヶ島」は、大阪に隣接する「和歌山県和歌山市加太」に属し、紀淡海峡に浮かぶ「地ノ島」「神島」「沖ノ島」「虎島」の無人島群の総称です。友ヶ島は、ジブリ作品「ラピュタ」に登場する天空の城の雰囲気に似ていることから、「ラピュタの島」としてその名を広め、インスタ映えスポットとして多くの人が訪れるようになりました。友ヶ島には、明治時代より大阪湾を守るという目的で、砲台や要塞施設が造られました。第二次世界大戦までは、一般人は立ち入り禁止で、当時の地図は白く塗りつぶされていたのです。

砲台跡

時が経ち独特な雰囲気を醸し出す赤レンガ造りの砲台跡や弾薬庫跡が島に点在しており、旧日本軍の施設を見て回れるようにハイキングコースも整備されています。遊歩道を歩いていると、昔に掘られた防空壕もあり、当時の様子を垣間見ることができます。遊歩道からは、綺麗な海の景色を楽しんだり、木漏れ日が降り注ぐ木々に囲まれた遊歩道を心落ち着けながら歩いたりと常に変化があり、ハイキングも楽しむことができます。友ヶ島へ行くには、加太港からでているフェリーに乗るのですが、込み合う時期には整理券が配られたり、増便することもあるので行く前には必ずチェックしましょう。

友ヶ島汽船乗り場:和歌山県和歌山市加太

【奈良県】十津川村

十津川村の風景

奈良といえば、小学校の教科書にものっている「東大寺の大仏」を思い浮かべる人が多いと思いますが、「関西の秘境の地」と言っても過言ではない場所があります。奈良県の最南端に位置し、奈良県で1番大きな村「十津川村」です。なんと、面積の96%が山で占められているのです。大自然を近くに感じることができる上、大自然の恵みでもある良質な温泉を楽しむことができる、本当なら人に教えたくない場所です。

谷瀬の吊り橋

十津川村に行くなら外せない「谷瀬の吊り橋」は日本一の長さを誇る吊り橋で、橋板の木と木の間から見える谷底には肝を冷やし、歩く度にゆらゆらと揺れるスリルはアトラクション以上!

谷瀬の吊り橋

途中で引き返す人もいるこの吊り橋は、生活用吊り橋で村の中では重要な役割を果たしていました。また、十津川村は、村を走る路線バスの距離が日本一という記録があり、村の広さも実感できます。岩を滑り落ちる水がとても綺麗な、滝百選にも選ばれている「笹の滝」や、大自然の中で入る源泉かけ流しの温泉は、日頃の疲れを癒してくれます。

野猿

村内の何カ所かには、「野猿」と言われる川の上を手動で渡る一人乗りの乗り物があります。村の人が昔に生活の為に使っていた乗り物なのですが、なんともスリルある乗り物なので是非、乗ってみて下さい。

谷瀬の吊り橋:奈良県吉野郡十津川村谷瀬・上野地
十津川上湯温泉:奈良県吉野郡十津川村出谷

【兵庫県】六甲山&有馬温泉

神戸の夜景

大阪・神戸・京都…関西の主要都市というイメージが強いのですが、その一つ「神戸」は、大阪からたった30分で行くことができます。神戸ポートタワーをはじめとするメリケンパークや、ハーバーランドは、海風を感じながら「港町」神戸を楽しむことができます。今回おすすめするスポットは、「港町」神戸を一望できる絶景の夜景スポットとして有名な六甲山です。六甲山は、神戸市の市街地の西から北にかけて位置し、六甲最高峰は931m。登山を楽しむことができる他、アスレチックや、自然の景色など、老若男女楽しめる施設が山上にはたくさんあります。

有馬温泉の風景

また六甲山の裏側には、日本三古湯の一つとして有名な「有馬温泉」があります。また、有馬温泉の泉質は、塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄塩化物泉、ラジウムを多く含む放射能泉、炭酸を多く含む炭酸水素塩泉の3種類が有名です。あの豊臣秀吉も有馬温泉で湯治を行っていたのだとか…。六甲山からは、ロープウェイがあり、絶景の景色を見ながら空中散歩も楽しめます。六甲山を散策した後は、疲れを癒しに有馬温泉のお湯を楽しみましょう。

六甲山カンツリーハウス:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
有馬温泉:兵庫県神戸市北区有馬町

【京都府】天橋立

天橋立の風景

多くの神社仏閣がある京都は、年中多くの観光客が訪れます。特に秋の季節は、紅葉の綺麗なスポットが多く、訪れた人を楽しませてくれます。今回おすすの場所は、京都府北部の宮津市にある日本三景の一つ「天橋立」です。大阪からのアクセスもよく、日帰りでもドライブをかねて楽しむことができる場所です。「天橋立」は、全長3.6Km、幅が20m~170mあり、約8000本の松が生い茂っており、どのように出来たのか不思議ですよね。天橋立は、日本海を流れる対馬海流が運んできた砂と、内海に流れこむ野田川が運んできた土砂とが何千年もの時間をかけて堆積して出来た自然物なのです。

松林

何千年もの間をかけてできた天橋立の松林の中を、ブラリと歩くと心が軽くなります。行きは自転車をレンタルし、帰りはモーターボートで帰ってくるセットもあるので、お気に入りの方法で、天橋立を満喫してみましょう♪

磯清水

是非寄り道して欲しい場所が、3.6㎞の遊歩道の途中にある「磯清水」です。内海と外海を隔てて細長く伸びる陸地であるのにも関わらず、塩水ではなく真水が湧いているという、不思議な名水百選の一つです。近くには「天橋立神社」もあるので、旅の安全を祈願しておきましょう。そして、天橋立を渡ったあとは、リフトかケーブルカーで傘松公園に行ってみましょう。歩いてきた「天橋立」を上からみた絶景を楽しめます。

股のぞき

そして、是非「股のぞき」を体験してみて下さい。天地が反対に見えて天橋立が、まるで天にかかる橋のようです。この絶景は、自分の目で見て確かめて下さい!疲れた体を癒すには天橋立温泉もあります。また、海に近いため海鮮も新鮮で美味しいく、まさに身も心もお腹も満喫できるスポットです。

天橋立:京都府宮津市字文珠466

【滋賀県】甲賀市信楽町

信楽焼のたぬき

日本一大きな湖「琵琶湖」がある滋賀県の最南端に位置する甲賀市信楽町。また信楽町と言えば、2019年NHK連続ドラマ小説『スカーレット』の舞台ですね!新元号初の朝ドラの舞台が信楽町なんです!

そんな信楽町はたぬきの置物が有名で「信楽焼」の町として知られています。信楽町は、良質な陶土がでる場所でもあり、陶芸を体験できる場所が多くあります。土を触って物作りに没頭する時間は、日頃の忙しさを忘れ自分の世界を楽しむことができる時間です。そして、世界に一つしかない手作りの作品は、いつまでも旅の思い出として残るでしょう。

忍者

そして、甲賀は「忍者」の発祥の地ともいわれ、甲賀忍術博物館があります。甲賀の里忍術村では、実際に、手裏剣を投げたり、忍者になりきることも!大人も、童心に戻って楽しむことができます!

甲賀の里 忍者村:滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394
画像提供 信楽町観光協会

関西人でもなかなか行かないオススメスポット

是非、大阪から一歩足を伸ばして、関西の穴場スポットに行ってみましょう。大阪から日帰りで行くことができる場所をご紹介しましたが、目的地に行くまでにも、面白い場所や、美味しいものが食べられる場所がたくさんあります!旅の途中で出会った素敵な場所などは、特に思い出に残るものです。是非、関西の良いところ探しの旅を楽しんで下さい♪