都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

【2019年版】秋の美瑛観光を徹底ガイド!

ドラマやCMのロケ地が多数あり一躍有名となった美瑛。アップル社の壁紙にも選ばれた「白金青い池」も美瑛にあります。北海道旅行の計画に組み込みたい美しく雄大な絶景スポットや、外せない一押しの観光ロケ地スポットに、美瑛を楽しむまわり方をご紹介します。お店の雰囲気に、地元の野菜をふんだんにつかった美瑛ランチ情報も必見です!

美瑛 青い池

【美瑛を楽しむための移動手段】

北海道は広大なため、道内をレンタカーで移動する人も多いかと思います。自分の行きたい場所に時間を気にせず滞在できるという点では最高の移動手段ですが、人気の観光地であれば、駐車場に入るまでに時間がかかったり、運転手は、雄大な景色を堪能できない!地元の美味しいビールやワインを飲めない!なんてことも…。そこでレンタカー以外で美瑛を満喫できるオススメの方法をご紹介します。

≪周遊バス≫

周遊バス

一番のおすすめは、周遊バスを利用する方法です。半日コース・1日コースと旅程にあわせて選べる他、行先もオススメの観光地をしっかりカバーしています。時間と行きたい場所にあわせた周遊バスを探してみましょう。料金的にも、お財布に優しい価格で設定されているので安心です。おすすめのバスツアーをご紹介しておきます!たくさんのモデルコースからご自身の旅にあうツアーがみつかると思います。

周遊バス

◆午前中の半日で美瑛スポットを巡りたい方向け

美遊バス~Biei View Bus~Aコース 花畑・丘めぐりコース

四季の情報館を出発し、CMなどに起用されるほどの絶景地「ケンとメリーの木」や「セブンスターの木」を訪れた後、展望公園から美瑛の丘陵地帯に広がる壮大な景色を見ることができます。バスの車窓から見える全ての景色に感動すること間違えなし!

美遊バス Biei View Busお申し込みはこちら

2019/9/1~2019/10/6まで

◆午後に美瑛に到着しても安心!午後に美瑛周遊したい方向け

美遊バス~Biei View Bus Bコース~ 青い池コース

四季の情報館を出発し、「白金青い池」「白ひげの滝」ではマイナスイオンたっぷりの絶景に心も癒されます。標高930mの十勝岳展望台からは、美瑛はもちろん旭川から富良野まで360度の絶景が楽しめます。

美遊バス Biei View Busお申し込みはこちら

2019/9/1~2019/10/6まで

美遊バス Biei View Busお申し込みはこちら

2019/10/12~2019/10/27 ※土・日・祝のみ運行

今回は、午前中ツアー、午後ツアーのご紹介をしました。
半日ツアーであれば、残り半日は、今からご紹介する自転車や徒歩などで美瑛を楽しんだり、ゆっくりカフェもいいですね!

≪自転車(サイクリング)≫

サイクリング

春から秋にかけては、広大な自然の中で、心地よい風を感じながらのサイクリングは格別です。自転車の最大のメリットは、綺麗と思ったらすぐに止まることができ、景色を堪能できる所!写真を撮りたいという方にもオススメです。
早ければ10月頃から初雪が降ることも!銀世界の美瑛も絶景ですが、滑っては大変ですのでバスなどで観光を楽しみましょう!
比較的、美瑛市街地の北西側に位置する『パッチワークの路』はファミリーや初心者向けで、健脚者の方は、南側に位置する「パノラマロード」で美瑛の丘の美しさを味わってみてはいかがでしょうか?

≪徒歩(散策)≫

移動範囲が限られるという所が難点ですが、青い空の下、どこまでも続く色とりどりの花畑の中を、美味しい空気を吸いながら自分のペースで歩くと、また違った美瑛の一面をみることができます。

≪観光タクシー≫

行きたい所だけをまわる自分だけのプランをたてられるという点では観光タクシーがおすすめです。ただ、1時間いくらと設定されていることが多く、3時間ほどの所要時間で2万円近くかかる場合もあるため、利用する前には事前に料金もチェックが必要です。

【美瑛といえばココ!外せないおすすめスポット】

美瑛の景色は、北海道のガイドブックや旅行パンフレットにもよく使われており、人を魅了する絶景です。美瑛にいく時には絶対に行っておきたいスポットをご紹介します。

白金「青い池」

白金 青い池

ポストカードのような写真をみて、本当なの?と思っている人も、実際みてみると「本当に青かった!」「やっぱり綺麗!」と言ってしまうほどの神秘的な池です。
天気が良くて太陽の光が沢山当たっている時が狙い目です。
ブラリと青い池の周りを散歩してみては?

紅葉 白金青い池

春・夏・秋・冬…四季折々、様々な景色を『青い池』は見せてくれます。その中でも、紅葉の季節は、周りの木々が色付き、透きとおったコバルトブルーの水面に、黄色や赤色が映し出され、目をみはる美しさにため息がでるほどです。すべての季節の『青い池』を見てみたいですね!

【住所】北海道上川郡美瑛町白金

白ひげの滝

白ひげの滝

白金温泉街のすぐ側にあり、落差30mから勢いよく岩肌を滑り落ちる光景は圧巻!
滝が流れおちる「美瑛川」はブルーリバーともよばれ、川と思えない青さに驚きます。
この川の水が「青い池」へと流れこんで入るのも納得です。
マイナスイオンを浴びにいきましょう。

【住所】北海道上川郡美瑛町白金

四季彩の丘

四季彩の丘

ノラマロードの丘の上にあり、約7ヘクタールもの敷地の中には、様々な花や農作物が育てられており、その光景は、映画のワンシーンにでてきそう。「これぞ北海道!」といえるような景色で、広大な大地が包み込んでくれ、元気がでるそんな場所です。

【住所】北海道上川郡美瑛町新星第三

新栄の丘展望公園

新栄の丘展望公園

丘のまち「美瑛」というだけあり、多くの展望台がありますが、その中でも、新栄の丘展望公園は、「日本一美しい夕日が見られる場所」としてとても有名です。360度どこを見渡しても北海道らしい素朴な田園風景を見ることができてオススメです。小高い丘にあるため、さわやかな風を感じながら日頃の疲れを吹き飛ぶとばしましょう。

【住所】北海道上川郡美瑛町美馬牛新栄

次のページを読む

おすすめの地旅