源義経を慕うアイヌの娘「チャレンカ」

兄・頼朝に追われ、北へ、北へと逃げてきたという謂れも残る、源義経。そんな義経に強く想いを寄せるアイヌの娘「チャレンカ」がいました。
しかし、義経は次の目的地に向けて船を進めてしまい、義経を追い神威岬までたどり着いたチャレンカですが、すでに義経を乗せた船は見えなくなっていたのでした。

岩と化したチャレンカ

もうここまでと思ったチャレンカは、「和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち覆沈せん」との言葉を残し海に身を投じてしまいました。そして、その身体はやがて岩と化し神威岩となり、以来女性を乗せた船が通ると必ず転覆し、神威岬は女人禁制となってしまったのです。

神威岬の先の“積丹ブルー”

今はもちろん誰でも行くことができ、女人禁制の門から続くチャレンカの小道からは、“積丹ブルー”の美しい絶景を堪能することができます。
こちらのツアーでは、チャレンカ伝説の残る神威岬を訪ねながら、ボリューム満点の海鮮丼をご用意しております。

たらふく海鮮丼と絶景!積丹ブルー号のご紹介

札幌発でラクラク。切り立った断崖や奇岩、そして美しい積丹ブルーと呼ばれる海の景色をご見学下さい!ウニで有名な積丹では絶品のウニ入り海鮮丼をご賞味頂けます。最後はニッカウヰスキー余市蒸留所で試飲を楽しみ札幌へ。食事・観光・お酒が揃った、大人の欲張りなバスツアーです。

ツアーのお申込みはこちらから