都道府県
エリア
カテゴリで探す
日付から探す
フリーワードから探す

★★長野県安曇野市農政課モニターツアー★★会いたい安曇野!美味しい安曇野!~秋の安曇野アグリツーリズム~

クリップする
会いたい安曇野!美味しい安曇野!~秋の安曇野アグリツーリズム~

会いたい安曇野!美味しい安曇野!~秋の安曇野アグリツーリズム~

ぼーのふぁーむ明科 代表 池上文康さん

ぼーのふぁーむ明科 代表 池上文康さん

EH酒造 常務 飯田純一さん

EH酒造 常務 飯田純一さん

斉藤農園 専務 斉藤岳雄さん

斉藤農園 専務 斉藤岳雄さん

米山農園 園主 米山竜也さん

米山農園 園主 米山竜也さん

石田わさび農園 代表 石田定さん

石田わさび農園 代表 石田定さん

会いたい安曇野!美味しい安曇野!~秋の安曇野アグリツーリズム~ ぼーのふぁーむ明科 代表 池上文康さん EH酒造 常務 飯田純一さん 斉藤農園 専務 斉藤岳雄さん 米山農園 園主 米山竜也さん 石田わさび農園 代表 石田定さん
グルメ 田舎暮らし 農業 地酒
  • 送迎あり
  • 人気!!
冷涼な気候、豊富な水、長い日照時間、大きい昼夜の寒暖差。気候風土に恵まれた長野県安曇野では、美味しい農産物がすくすくと育ち、地元の農産物や水をふんだんに使ったお酒が出来上がってきています!昨年の同時期に、美味しい安曇野の生産者さんたちに会いに行くオンラインアグリツーリズムを開催しました。今年はいよいよリアルツアーとして安曇野の皆さんに会いに行きます!
エリア
長野県安曇野市
催行期間
2021/11/20
実施日
11月20日
所要時間
1泊2日
宿泊代金
食事代金(朝1回、昼2回、夜1回)
行程中の交通費
行程中の各種体験・受入費用
懇親会費(飲み物含む)
旅行傷害保険
PCR検査費
大人料金24,200円
カゴの中を見る
【11月20日(土)】
11:50 JR松本駅集合
(参考) 9:00新宿発 あずさ9号 11:39松本着
送迎車にて安曇野へ


12:30 ぼーのふぁーむ明科 代表 池上文康さん
安曇野市の北東部、北アルプスを真正面に望む安曇野市明科天王原(あかしな てんのうばら)の絶景ぶどう畑にて、池上さんからぶどうづくりのお話を伺いながら、ワインの試飲&ランチ。ワインはもちろん池上さんが育てたぶどうで作ったワインです。地元の本格フランス惣菜店のオードブル、地元ベーカリーのパンをご用意します。


池上さんは安曇野市出身。大学卒業後は東京の金融業界でサラリーマン生活を送ったのち、新潟での食品スーパー勤務を経て帰郷、8年前に農家を継ぐ。新潟時代にワイン好きが高じてぶどう栽培に携わった経験もあり、当時は荒廃した桑畑だったこの天王原の地を開墾し、ワインぶどうの栽培を始めることになりました。

14:00 長野県水産試験場
ニジマスとブラウントラウトから生まれた「信州サーモン」。その生まれ故郷である長野県水産試験場を訪ねます。水産試験場の役割や取り組み内容をご紹介いただき、信州サーモン・信州大王イワナ誕生の歴史や開発の苦労話等についてもお話を伺います。試験場敷地内も見学させていただきます。



15:15 斉藤農園 専務 斉藤岳雄さん
安曇野市の中西部、堀金地区にある斉藤さんの運営する農園直営コミュニティ・ショップ「あぐりす」を訪ね、ホップや麦芽の生産、純長野県産原料使ったビール造りについて伺います。斉藤さんのビールの試飲や、収穫後すぐに冷凍保存しておいた生ホップを使った追いホップ体験なども行います。

斉藤さんは、米や麦、そばを栽培するほか、自家栽培・自家製粉のそばを提供する「斉藤農園 あぐりす」を運営する斉藤農園の専務。スイスへの農業研修を経て平成9年に就農。平成28年から荒廃農地を活用してホップ栽培を始め、「信州早生」「カスケード」「センテニアル」「マグナム」などの品種を栽培。令和元年に安曇野産原料100%(ホップ、麦芽、水)で仕込んだクラフトビール「安曇野エール」を完成させました。地元産のりんごやベリーを使ったフルーツエールも商品化。「安曇野産ホップを生産する会」代表も務めています。


16:15 米山農園 園主 米山竜也さん
安曇野市の南部、三郷地区にある米山農園を訪ね、りんご畑と作業場をご案内いただき、米山さんが取り組むち密な計画に基づく持続可能な農園経営についてご説明いただきます。またりんごの収穫体験をさせていただき、りんごの試食とりんごジュースの試飲もさせていただきます。

米山さんは愛知県出身の元陸上自衛官。りんご園を営んでいた奥様のお父様の死がきっかけで、この地でりんご園を継ぐことになりました。愛知時代に食べていたりんごと安曇野で食べるりんごの美味しさのギャップの大きさに、当地での果樹栽培に魅了されてしまったのだとか。さすが自衛隊式(!?)、りんご畑も作業場も美しく整っていて、てきぱきと動き、ちょっとした移動でも素早く走るんです。規模を拡大してかなりの広さになったりんご園だけでなく、ぶどうやプルーンも手掛けながら、家族との時間も大切にするために品種の栽培計画や働き手の勤務計画もキッチリと管理、長期的視点でも効率の上がる工夫を続けています。

17:30 農家民宿での夕食懇親会・宿泊
宿泊先の農家民宿へ。(男女別少人数に分かれての分宿となります。)
宿に着いたら、近くの入浴施設にて入浴・休憩。それから宿に戻り、分宿先農家民宿や訪問先の生産者さんらをオンラインで繋いで夕食・懇親会を行います。自家・地元の野菜を中心とした、農家ならではの素朴なお料理を味わっていただけます。もちろん今回のツアーで訪問する生産者さんのワイン、ビール、日本酒もご用意します。オンライン懇親会が終わった後も、適宜宿のご主人・ご家族との交流していたきます。また翌朝には農地・周辺散策やちょっとした農作業など、農家さんの生活に密着した農村滞在をお楽しみいただきます。


【2日目】9:15 EH酒造 常務 飯田純一さん
安曇野の地に蔵を構えて200年。常務の飯田純一さんに会いに行きます。ご都合が合えば吉田社長にもご登場いただきます。
飯田さんに、その外観からは日本酒の酒蔵というよりはワイン蔵を思わせるモダンな建物の中にある醸造施設をご案内いただきます。ツアー開催日は酒造りが始まるか始まらないかのギリギリのタイミングで、現時点ではわかりませんが、始まっていれば酒造りの現場を見せていただくことができます。蔵見学の後は、利き酒(銘柄マッチング)のゲームを行います。成績優秀者は豪華賞品がもらえるかも!?


安曇野の地に蔵を構えて200年。豊かな名水と良質な米、気候に恵まれたこの地で酒を醸し続けるEH酒造。代々の蔵元の家に生まれた飯田さんは、EH酒造となる前の酔園酒造で製造に携わっていました。現在は常務として販路開拓に取り組んでいます。特に力を入れているのが海外輸出。30年前から輸出しているアメリカのほか、ベトナムや香港、シンガポール、マカオなどへ輸出。近年では安曇野市と連携し、海外の輸入事業者を回ったり、現地でイベントを開催して安曇野の酒を世界に売り込んでいます。

EH酒造の銘柄「酔園」が誕生したのは昭和36年。江戸後期創業の「亀屋酒造店」「飯野屋」、そして明治初頭創業の「務台酒造店」の合併により、それぞれの酒造りを継承して「酔園」が誕生しました。水は北アルプスの伏流水、酒米は安曇野産のひとごこちや美山錦、金紋錦、山田錦、あきたこまちなどを使用。「酒は、人が造るのではなく、自然が造るもの。私たちはその手助けをさせていただく」を信念に、芳醇旨口の酒を醸しています。

10:45 わさび田の保全のため、2グループに分かれて別々のわさび農園を訪問します。
それぞれのわさび園で、安曇野のわさび栽培について伺い、わさび田を見学させていただきます。また実際にわさび田に入らせていただき、収穫体験を行います。 (要長靴持参)
作業場に戻り、出荷のための整形方法を実演していただき、各自収穫分で体験します。またわさびのすり方や使うおろし板による違いを体感する「利きわさび」を体験していただきます。わさび農家おススメ、わさびを使った料理や意外なペアリングなどもご紹介いただきます。

石田わさび農園 代表 石田定さん、農業女子 松田佳代さん、吉元早紀さん


石田定さんが代表を務める石田わさび農園。犀川と穂高川の合流地点に位置し、わさび栽培に適した豊富で清冽な湧水がある場所です。農園では石田代表の長女佳代さんと次女の早紀さんも「わさび農業女子」として働いており、栽培の作業だけでなく、WebやSNSを使った情報発信にも力を入れています。その働きぶりには親子の甘えはなく、終業時間になればタイムカードをキッチリと打刻する、働き方改革が徹底された、わさびのような清々しい職場環境でもあります。

さわびや游 代表取締役 松本遊穂さん

松本さんは奈良県出身。最初の安曇野との接点はスノボだったそうです。8年前にわさび農場で働いていた時のご縁から、わさび畑を引き継いで独立就農することになりました。
松本さんの育てるわさびの品質には定評があり、品評会での数々の受賞とともに、京都などの高級なすし屋や日本料理店にも松本さんのわさびが使われています。
また栽培だけでなくクリームチーズやビールなど、わさびを使った新しい商品の開発にも積極的に取り組んでいます。更には地域の方々も巻き込み、様々な地域資源を生かして、周辺地域の活性化にも取り組んでいきたいそうです。

12:00 こねこねハウスでそば打ち体験
そば打ちを体験できるこねこねハウスを訪れます。今回は特別に地元のそば農家 Farm常念 幅谷倉夫さんの育てた安曇野産そば粉を使用します。また打ちたてのそばとともに、先ほど収穫したばかりのわさびをすりおろしていただきます。何種類かのおろし板をご用意する予定ですので、好みのおろし方やおろし板を見つけてみてください。


以上、2日間でたっぷりと安曇野の人々と風土を満喫していただくツアーです。 観光ガイドブックに載っている有名観光地を巡る旅とは全く違う、人と人のリアルな繋がり、現地でいただく農産物の美味しさを是非現地で体感して下さい。
2日間でたっぷりと安曇野の人々と風土を満喫していただくツアーです。 観光ガイドブックに載っている有名観光地を巡る旅とは全く違う、人と人のリアルな繋がり、現地でいただく農産物の美味しさを是非現地で体感して下さい。

あうたびツアーのメリット
・普段会うことのない生産者さんや地域の方を訪問し交流します!
・農家さんの生活に密着した農村滞在をお楽しみいただきます。
・訪問先の生産者さんらをオンラインで繋いで懇親会を行います。
 興味のあることをどんどん質問してください!

こんな方にオススメです
・地域の人と交流したい方
・安曇野の美味しいものに興味がある方
・観光地ではない地域を訪問したい方
・田舎暮らしに興味のある方
・農業に興味がある方
・自分らしい生き方を模索している方
・ワインぶどう、ホップや麦芽の栽培に興味のある方

お一人様、お友達同士、ご家族で!どなたでもご参加いただけます。
都会では味わうことのできない、里山での暮らし、農業の話、酒造りなどに興味がある方ならきっとご満足いただけるかと思います。

料金

大人料金:24,200円

宿泊代金
食事代金(朝1回、昼2回、夜1回)
行程中の交通費
行程中の各種体験・受入費用
懇親会費(飲み物含む)
旅行傷害保険
PCR検査費

催行期間

2021/11/20

ご予約締切

11月10日

催行人数

10名

定員

15名

日数

1泊2日

備考

今回ツアーにご参加いただくにあたり、次の3点をすべて満たしていることが条件となる旨ご了承いただき、お申込みをお願い致します。
(1)ツアー開始日(11/20(土))時点で満20歳以上であること。
(2)ツアー開始日(11/20(土))時点で新型コロナワクチン2回接種を終えてから2週間以上経過していること。
(3)ツアー開始前4日以内(11/16(火)以降)に採取した検体に基づくPCR検査の結果が「陰性」であること。

エリア

長野県安曇野市

マップ

キャンセルポリシー

14日前以降・・代金の20%、7日前以降・・代金の30%、前日以降・・代金の40%、当日・・代金の50%、ツアー開始後または無連絡不参加・・代金の100%

旅行条件書・旅行業約款

旅行条件書はこちら(PDF)をご覧ください。
旅行業約款はこちら(PDF)をご覧ください。

企画旅行会社

あうたび合同会社
【住所】 東京都北区赤羽1-59-8 ヒノデビル4階
【TEL】 03-6356-4461
【旅行業登録番号】 東京都知事登録旅行業 第2種7472号
【旅行業取扱管理者】 唐沢 雅広

※当サイトに掲載されている旅行商品は、全国旅行業協会所属会員の旅行会社による旅行商品です。安心してご利用ください。

予約状況カレンダー

2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

○空有り△残りわずか×空無し

ユーザーレビュー